無料ブログはココログ

« 平林寺さん②(埼玉県新座市) | トップページ | リフォーム工事!(さいたま市S様邸)① »

2016年2月24日 (水)

平林寺さん③(埼玉県新座市)

前回のつづき・・・・

本堂及び本堂周りは禅宗伽藍独特のシンプル且つ

左右対称で構成された空間。

松がしっかりと手入れされています。

Dsc07004

本堂の前に前々回に紹介した高野槇に負けずとも劣らない巨木を発見!!

痛々しい風合いではありますがしっかりと生きています!

で、何の樹だろうと良く見ると・・・・

Dsc07010


イヌツゲ」でした。

おおよそ400年から500年は経過していると思われます。

ぜひとも元気になってほしい長老です。

まず安行でも流通はしていないであろう

高さ1、5m程の「お茶の木」の生け垣を迂回して

大河内松平家の廟所へ向かいます。

Dsc07011

200~300の見事な五輪塔と石灯篭が立ち並ぶ墓所。

「島原の乱」を鎮圧したことで有名な松平信綱が眠っています。

Dsc07016


ここでも自然の力強さを再確認した樹を発見!

恐らく何かしらの不可抗力で倒れ、それでもなお生き抜く桜、

Dsc07021


臥龍桜」(勝手に命名)

しっかりと春を待つように蕾も付けております!

Dsc07022


それにしてもこのお墓のご子孫はどのようにしてお墓のそばまで行くのかと・・・

廟所の奥には紅葉山、クヌギ林などがあり

裸木の武蔵野を満喫したいところですが、

打ち合わせの時間が迫り今回はここで引き返しました。

コントラストが絶妙な「ヤブツバキ」と「豊後ウメ」の様は

まさに季語”二月尽”を感じさせます。

また、中国の哲学書「菜根譚」に出てくる

”花看半開”(花は半開を看る)という言葉がぴったりとくる時期に

足を運べた偶然に感謝。

季節を通じちょくちょく足を運んでみたい所が一つ増えた一日でした^^

Dsc07025

Dsc07026








« 平林寺さん②(埼玉県新座市) | トップページ | リフォーム工事!(さいたま市S様邸)① »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平林寺さん③(埼玉県新座市):

« 平林寺さん②(埼玉県新座市) | トップページ | リフォーム工事!(さいたま市S様邸)① »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ