無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

リフォーム工事!(さいたま市S様邸)②ウリン材の事

S様邸リフォーム工事内における「ウッドデッキ工事」の

仕上がりチェックの報告を受けました。

丁寧かつ早い施工にお客様に満足していただいているとの事。

材料であるウリン材も凹凸やケバ立ちを解消するため施工前に全て製材済み

ひと手間かけることが重要です。

Dsc07152


Dsc07151

お庭工事もまだまだこれから。

引き続き心を込めて施工します!

ここで少しウリン材の特徴を説明します。

ウリンは、耐久性、耐候性ともに高く、ウッドデッキ材としては最適な木材です。

塗装をしなくても、ほとんど腐りにくい、

すなわちローメンテナンスの木材として人気があり、

橋げたや公共施設等いろいろな場所で使われています。

【材質】

ウリン材は木の密度が高く硬いため、加工がむずかしいことがあります。

ホームセンター等で売られている普通のノコギリで簡単に切ることはできず、

専用の道具を用意する必要があります。

日曜大工でウッドデッキ材として利用するとなると、

加工や仕上げにかなりの時間がかかります。

また、重さも水に沈むくらいの重量があります。

ちから自慢のお父さんなら運べますが

運搬だけでも一苦労といったところでしょうか。

価格

ウリン材は、密度の高い木材のため、

成長するまでにはかなりの時間がかるため、在庫に多少の乱れがあります。

(原産地のインドネシアでは、ウリンの木を伐採するのは制限されています。)

このため、他のウッドデッキ材に比べると、

価格はやや高めになっている場合があります。

耐久性が高くローメンテナンス材ですので、トータルでみるとむしろお得です

【メンテナンス】

ウリン材には多くのポリフェノールが含まれています

雨風によってこのポリフェノールが染み出し、

ウッドデッキの周りや下地基礎の汚れの原因になることがあります。

ポリフェノール自体は、抗菌作用がありバクテリアやシロアリから

ウリンを守る役割があります。

しかし、3カ月ほどすれば、ポリフェノールを含む樹液が

ほぼ出切ってしまうので、その後はウッドデッキ材に大きく目立つような

汚れは少なくなってくるでしょう。

木材部の汚れは、椰子素材の亀の子だわしやナイロンのデッキブラシ

水洗いすると、ある程度汚れが落ちます。

(ワイヤーブラシですとデッキの表面が傷だらけになりますのでご注意ください)

また、基礎のコンクリート部には中性洗剤(キッチンハイター等)を少し薄めて

たわし等でこすっていただければしっかりと汚れが落ちます。

弊社にもウリン材仕様のウッドデッキスペースがございます!

ぜひとも体感していただければと思います。

不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください!

安藤

おまけ:

↓ウッドデッキで寛ぐ専務の森+施工スタッフ

Dsc04125

2016年2月26日 (金)

リフォーム工事!(さいたま市S様邸)①

本日、リフォーム工事のご依頼を受け、

さいたま市S様邸にお邪魔いたしました。

担当させていただいているのは弊社 小林。

建物および敷地はオープンで開放感のある玄関周りです。

Dsc07077

玄関脇には立派なジューンベリー+バラ。

そして奥様が選択された赤いポストが全体の雰囲気の中で

アクセントとなっております。

ガーデニングがお好きな奥様。

最近忙しくなりなかなか植物達のメンテナンスにお時間が割けなくなり

御依頼を受けました。

新築当初写真↓

Dsc07068


玄関脇の柱に優しく絡み合ったバラがとっても可憐です!

額と写真のバランスに奥様のセンスの良さが伺えます。

壁の色も以前は撫子色(ローズピンク)でした。

その後、バラが生えるようにと天色(セレステブルー)に塗り替えたとの事。

淡い空を背景にバラが気持ちよく咲いてくれるようアレンジしていきます!

今回は玄関前及びお庭をローメンテナンスの空間にリフォーム。

昨日は準備工として解体および整地。

今日からウッドデッキ工事です。

仕様はウリン材。

綿密な打ち合わせの上、工事にかかります。

Dsc07073


Dsc07074


Dsc07086

道具類も整理整頓されております^^

Dsc07083


Dsc07081


私は着工を見届けてから某企業様庭管理工事で渋谷へ。

帰りの車中ウッドデッキが完工したとの連絡がありました。

近日中に担当小林が気持ちが入った仕上がりになっているかを確認します。

報告が楽しみです!

あんどう

2016年2月24日 (水)

平林寺さん③(埼玉県新座市)

前回のつづき・・・・

本堂及び本堂周りは禅宗伽藍独特のシンプル且つ

左右対称で構成された空間。

松がしっかりと手入れされています。

Dsc07004

本堂の前に前々回に紹介した高野槇に負けずとも劣らない巨木を発見!!

痛々しい風合いではありますがしっかりと生きています!

で、何の樹だろうと良く見ると・・・・

Dsc07010


イヌツゲ」でした。

おおよそ400年から500年は経過していると思われます。

ぜひとも元気になってほしい長老です。

まず安行でも流通はしていないであろう

高さ1、5m程の「お茶の木」の生け垣を迂回して

大河内松平家の廟所へ向かいます。

Dsc07011

200~300の見事な五輪塔と石灯篭が立ち並ぶ墓所。

「島原の乱」を鎮圧したことで有名な松平信綱が眠っています。

Dsc07016


ここでも自然の力強さを再確認した樹を発見!

恐らく何かしらの不可抗力で倒れ、それでもなお生き抜く桜、

Dsc07021


臥龍桜」(勝手に命名)

しっかりと春を待つように蕾も付けております!

Dsc07022


それにしてもこのお墓のご子孫はどのようにしてお墓のそばまで行くのかと・・・

廟所の奥には紅葉山、クヌギ林などがあり

裸木の武蔵野を満喫したいところですが、

打ち合わせの時間が迫り今回はここで引き返しました。

コントラストが絶妙な「ヤブツバキ」と「豊後ウメ」の様は

まさに季語”二月尽”を感じさせます。

また、中国の哲学書「菜根譚」に出てくる

”花看半開”(花は半開を看る)という言葉がぴったりとくる時期に

足を運べた偶然に感謝。

季節を通じちょくちょく足を運んでみたい所が一つ増えた一日でした^^

Dsc07025

Dsc07026








2016年2月23日 (火)

平林寺さん②(埼玉県新座市)

前回のつづき・・・・

今回は境内に佇むちょいと気になった樹木たちの紹介。

山門をくぐり右手にものすごく大きな樹木が目に入ります。

樹齢500年ともいわれる「コウヤマキ(高野槇)」。

Dsc06992

あまりの存在感に圧倒されてしまいます。

高野槇は秋篠宮家 悠仁親王のおしるしとして有名ですが

古い歴史を持つ樹木でもあります。

そもそも高野槇の名前の由来は高野山に多く自生していたので

高野さんのマキ=高野槇と一般的な呼び名になったといわれています。

(高野山では霊木の扱いを受けています。)

また材も腐りにくく、水や湿気に強いので

(経験上湿気が高いところほど良く育つ様です)

古墳時代には時の権力者の木棺や千住大橋の橋杭にも仕様されていました。

私も高野槇の存在感、縦の線が美しい幹肌、線香花火のような葉性が好きで

庭づくりの際、「見返り木」としてし良く使います。

つづいて「キャラボク」。

漢字で書くと「伽羅木」

境内の所々にしっかりと管理されたキャラボク達。

基本地面に直に植えても問題ないのですが、

水はけが悪いと傷みが早い樹でもあります。

そのようなときは石などを組んで

下の写真の様に高植えにしてあげると良いですね!

Dsc07000

つづく

あんどう

2016年2月22日 (月)

平林寺さん①(埼玉県新座市)

本日は先週からお世話になっているさいたま市北区での

お庭剪定工事が午前中で完工したので

15:00からのお庭工事のお打ち合わせまでの間、以前より気になっていた

新座市の「平林寺」さんに立ち寄りました。

Dsc06980

全体に補修工事がなされている模様。

お昼ごはんを門前のお茶屋さんで頂きます。

Dsc06976

メニューにある「源平そば」

てっきり紅白で彩られたお蕎麦かと思いきや・・・

Dsc06974


とりにく、インゲン、刻みのり、たけのこの煮物+たけのこの煮物の小皿。

たけのこダブル!

\670- なり

気を取り直して総門より境内へ。

Dsc06982

入門料を納めお寺のパンフレットを見ると

平林寺さんは「臨済宗妙心寺派」と記してあります。

日本各地のお寺で名庭園と呼ばれるお庭を所有するのは

臨済宗がものすごく多いのです。

京都五山、鎌倉五山も臨済宗。

皆立派なお庭をお持ちです。

また、他の宗派同様、臨済宗にも多くの派があります。

ここ平林寺さんの臨済宗妙心寺派は宮城県松島の「瑞巌寺」、

甲斐武田家の菩提寺「恵林寺」などが有名です。

総門を背に境内を見渡すと禅宗様式の伽藍の美しさが目に入ります。

武蔵野の清潔感に富んだ禅寺の風情を満喫できる空間です。

戸建の家周りでもこの清潔感を演出することが非常に大事であると

常日頃から心がけています。

Dsc06985

Dsc06990

そして、そのまま山門まで行くとすぐ横に綺麗に刈り込まれた

時代のついたキャラと遭遇。

(植木屋さんの言葉で経年美化された樹木や石を「時代のついた~」と呼びます。)

やはり剪定、掃除の管理は大事ですね。

Dsc06989

お庭は季節的に新緑でも紅葉でも無いこの時期だからこそ

学べることが多いのです。

つづく

あんどう

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ